【札幌】中古スキー一式を格安で揃える方法を伝授!北海道にいるならスキーを始めよう!

冬レジャー準備アイキャッチ
この記事はこのような方におすすめ!!
  • これからスキーをはじめたい方
  • 北海道に住んでいてスキーに再チャレンジしたい方
  • スキーをレンタルするか購入するか悩んでいる方

北海道を離れ、本州に住むこと20年余り。再び、札幌に住むこととなり、せっかくならばと札幌ならではのスポーツ、スキーを再び始めてみることにしました。

しかし、スキーを離れていた期間が長く(ほぼ初心者に逆戻り)、続けられるかどうかも半信半疑の状態です。そのため、まずはなるべくコストをかけずにスキーの準備をしようとトライしましたので、その方法を紹介します。

さっぽろばんけいスキー場、札幌藻岩山スキー場、フッズスノーエリア、朝里川温泉スキー場の体験レポートはこちら。

スポンサーリンク

目次

スキーを始める上での準備

必要な用具

スキーを始める上で必要になる用具としては以下のものがあります。

  • スキー板
  • ビンディング
  • ブーツ
  • ストック
  • ウェア上下
  • グローブ
  • ゴーグル
  • 靴下
  • 帽子

スキー用具を揃える方法

スキー用具をそろえる手段は基本的に3つあります。

道具を揃える選択肢

① 最初から気に入った用具を新品で購入する。 
② 安く中古で購入し、試しながら買い替える。 
③ 毎回レンタルする。

以下は、新品を購入、中古を購入、レンタルした場合を比較した表です。

スキー比較表
スキー 新品・中古・レンタル比較

購入するか、レンタルするか、そのメリットやデメリットによって選択するものが変わってくるかと思います。

今回、スキーを再び始める決意をしたものの、続けられるかどうか不安でした。そのため、何回か滑ってみてから続けるかどうか決めようと費用は極力抑えることに。

結果、中古でまずは安く揃えることに決定しました!

選択ポイントは以下の通りです。

初期費用が安い
何回か行くのでレンタルよりお得(ランニング費用が安い)。

購入するかレンタルするか迷ったときは、「スキーに何回行くのか」、「継続する予定か」など十分考慮して選ぶと良いと思います。

スポンサーリンク

中古スキー用具の戦利品

今回、揃えたスキー用具です。

戦利品全て
  • スキー板/ビンディング 5,500円
  • スキーブーツ 500円
  • ストック 300円
  • スキーウェア上下 3,800円
  • グローブ 1,500円

    合計額:なんと 11,600円 でした!!

各用具の購入ルートとそのルートを利用した理由

1.スキー板・ビンディング、スキーブーツ、ストック

スキーセット

「ジモティ札幌」でゲットしました。

札幌市の中古品を格安/激安/無料であげます・譲ります|ジモティー (jmty.jp)

メリット

地元スキーヤーは、ヘビーユーザーなのでおさがりの道具も多く、質が高い。

買い替えた際に以前の道具の処分に困っている人が多いため、取りに来てくれる人は大歓迎される。

取りに行ける距離ならば安く済む。

それぞれの用具はすべて違う方に譲ってもらうことに。

事前の連絡等はスムーズで、皆さん良い人たちばかりでした。

指定された場所には車で取りに行きましたが、事前にメールで連絡を取っていたので問題なく受け渡ししてもらうことができました。

デメリット

写真でしか確認できないため、状態の良し悪しやサイズのフィット感、デザインなど運に左右される。

取りに行けない場合は郵送料がかかり、高くつくことがある。

今回、掘り出し物のスキー板を1,000円で先にゲットしていましたが、ブーツは別な人から買っていたため、ブーツがビンディングにはまらないという問題が発生しました。

最近のスキー板に付いているビンディングは、可動性が高く大抵のサイズのスキー靴は調整出来るそうですが、旧式のこの1000円のスキー板は微調整しかできないタイプのビンディングだったので靴にフィットしませんでした。

しょうがないので、ジモティ札幌に出品していた中古スキーアウトレット店から5,500円のスキー板+ビンディングを買い直し、1000円の板は300円で購入してもらうことに。

メールでコミュニケーションをとることが出来るので、不明な点は事前に積極的に確認することをおすすめします。特にサイズはしっかり確認しておくことが必要です。

スポンサーリンク

2.スキーウェア上下

スキーウェア

セカンドストリート – TRIPMALL でゲット。

中古ウェア専門店でスキーウェアも豊富です。

ラインナップの豊富なオンラインストアで探して、候補のものを近くの店舗に送ってもらい試着してから購入することができます。取り寄せしても、試着して気に入らなければ買わなくてもOKなので、気軽に試すことができました。

3.グローブ

グローブ

メルカリ – 日本最大のフリマサービス (mercari.com)でゲット。

たまに掘り出し物があり、今回もたまたま見つけました。

グローブはかさばらず郵送料があまりかからないので、その分少し質のいいグローブをゲットすることが出来ました。

スポンサーリンク


おわりに

中古でスキー用具を購入したことは、私にとっては大正解でした。

結論

・状態もそこそこで、1回試しに滑ったところ、十分すぎるくらいの品質だった。

・レンタル(ウェア付きセット8,000~9,000円/回)と比較すると、2回行けば元が取れる価格で購入できた。

・北海道の人はみんな良い人で、ジモティー札幌の取引も安心してできた。

「スキーを始めたいけど、続けられるかどうかわからない」と迷われている方は、中古購入を選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

20年余りのブランクがあり、体力が持つか、怪我をしないかなど気になるところですが、せっかく決心したので是非続けていきたいと思います。

奮闘ぶりは別記事で体験レポートします!

さっぽろばんけいスキー場、札幌藻岩山スキー場、フッズスノーエリア、朝里川温泉スキー場の体験レポートはこちら。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次